P4041844.jpg 
福島は4月解禁です。最初の土日です。待ちに待った解禁日。
『解禁とは釣り人の禁じられた遊びを解き放つ瞬間である。』
インディアン乗りのキックボクサー、motoさんの名言であります。
 
 
この前の連休は、山形、秋田、宮城と川巡りしましたが『雪代』が入り濁流のため断念。ウェットなら雪代イワナってのを狙えますが、ドライで出したい。
というコトで、解禁は雪山ではない阿武隈山系へ釣行することに決定。
 
 
P4041847.jpg 
解禁日はどこも釣り人が多く入っているのでいい思いをしたことはありません。ボウズ〜も毎年ザラ。でも今日のこの川、エサ釣り師が少々。これなら釣りになるゾ。いざ、フライキャスティング。
 
 
P4041846.jpg 
なんと、いきなり出ましたぞーーーー!
美しい斑紋(パーマーク)。稚魚放流しかしていない川なので、天然で冬を越えたヤマメです。小さくても、うれしい。早春の解禁期に出てくれただけで、うれしいんだ。
 
今日はいい!信ジラレナーイ。今年一発目の山岳渓流ヒットでございました〜
 
 
P4041851.jpg 
ロッドは4番8.3フィート、ラインは3番。リーダー5番の9フィート、ティペット渓流なので少し強めの6番6フィート。合わせて15フィート・システムにしました。
 
 
P4041853.jpg 
いいポイントが続きます。流れがぶつかってたるみになっているあたりが魚のフィーディング・レーンの一つ。
 
 
P4051872.jpg P4051876.jpg 
フライはアダムス・パラシュート#16を結びました。
 
 
P4041848.jpg 
出た!
きれいなヤマメが、流芯脇のフィーディング・レーンにいました。アダムスに飛びついてくれました。
 
 

 
P4041864.jpg 
まだまだ徒渉。源流まで釣り上がってみましょう。
 
 
 
P4041863.jpg 
なかなかの大場所。先行者が魚を抜いていなければ、出る。そんなプール。
でも開けているので、一回でも失敗すると魚は散ってしまいます。チャンスは一度。ワンキャスト、ワントライ。
 
 
静かに、フライ・キャスティング。ヤマメ狙いなので流芯へ、そしてナチュラルに(それができないんだけども)。
 
 
 

!!!
 
 

P4041856.jpg 
パシャッと出ました〜〜〜!!!今日イチ。というか、過去含め解禁日で初めて釣った大きさでした。尺にはまだまだですけどねえ。
 
 
 P4041859.jpg 
やっぱり渓流でのフライフィッシング、最高であります。寒いけど、心は熱いぜ。
 

 
P4041866.jpg 
 源流付近まで登ってきました。7時に入って、時間はもう12時。
 
 
 
P4041857.jpg 
また出てくれました!良い型です。フライをひったくるように横っ飛び。
これからの時期になると、ヤマメはもっと流芯や瀬尻のハイレベルな場所に移動するので、まだ釣りやすかったです。
 
 
P4041858.jpg 
今年一発目の渓流。いい思いをさせて頂きました。
さあ、今年も始まりました。